「記憶にございません!」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★☆
作品名 記憶にございません!
製作国 日本
時間  127分
公開日 2019年9月13日
監督  三谷幸喜
脚本  三谷幸喜
出演  中井貴一 ディーン・フジオカ
石田ゆり子 草刈正雄 佐藤浩市
小池栄子 斉藤由貴 木村佳乃 吉田羊
山口崇 田中圭 梶原善 寺島進 藤本隆宏
迫田孝也 ROLLY 後藤淳平 宮澤エマ
濱田龍臣 有働由美子

 

「記憶にございません! 」 オリジナル・サウンドトラック Amazon

三谷幸喜脚本&監督のコメディ映画。記憶喪失になった男性は自分が史上最低支持率の総理大臣だと知り、何の知識もないまま国民に内緒で公務を続けることにします。

 

評判が良いのでずっと気になっていて、やっと観ることができました。その分ちょっと期待しすぎたかなとは思いますが、大爆笑とはいかないまでも面白かったです。
特に主演の中井貴一さんがはまり役で、表情を見てるだけでもおかしくて、笑わせてもらいました。
総理大臣の公務を描いているとはいっても、政治そのものを深く掘り下げているとかではなく、あくまでも笑いの舞台を官邸にしているだけという感じなのですね。全体的に現実味がない作りにしているのは、批判をかわすためにわざとなのでしょうか。風刺の要素は強くなく、万人に分かりやすいコメディとして、嫌みなく楽しめました。逆にいうともう少し背景にリアリティがあれば深みが感じられたかなとは思いますが。

ちなみに、今作は93年のアメリカの映画『デーヴ』を思い起こさせる設定でした。三谷さんの作品は有名映画にヒントを得て作られていることが多いので、好きな方には両方観て欲しいです。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい