「15時17分、パリ行き」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★★
作品名 15時17分、パリ行き
原題  THE 15:17 TO PARIS
製作年 2018年
製作国 アメリカ
時間  94分
公開日 2018年3月1日
監督  クリント・イーストウッド
原作  アンソニー・サドラー
アレク・スカラトス スペンサー・ストーン
ジェフリー・E・スターン
脚本  ドロシー・ブリスカル
出演  スペンサー・ストーン アレク・スカラトス
アンソニー・サドラー ジュディ・グリア
ジェナ・フィッシャー トーマス・レノン
PJ・バーン トニー・ヘイル

 

15時17分、パリ行き(字幕版) prime video

2015年8月にパリ行きの高速列車内で起きた無差別テロ事件をC・イーストウッド監督で映画化。列車に乗り合わせていた3人のアメリカ人青年がテロリストに立ち向かう姿を描きます。

観終わってすぐ思ったのは、ドキュメンタリーのような映画だったなということです。実話を脚色せずそのまま描いているのでしょうね。事件に関わる映画らしいエピソードがたくさんあるわけでもなく、3人の青年を淡々と追っていく映像は少々退屈に感じました。ただ、だからこそテロ事件の衝撃が際立つというのもあって、列車に乗ってからのシーンはとても緊迫感がありました。

そして、映画を観終わってから主演の3人が、実際の事件の当事者だと知って本当に驚きました。俳優さんにしか見えなったからです。それを知るとちょっと別の感動がこみ上げてきました。実際列車に居合わせた乗客たちも出演し、事件があった場所で撮影されたとのこと。そんな映画今まで観たことないですから…すごい試みですね。リアリティがあったのも当然です。3人の勇気に拍手を送りたいです!


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい