「ザ・ウォーク」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★★☆
作品名 ザ・ウォーク
原題  THE WALK
製作年 2015年
製作国 アメリカ
時間  123分
公開日 2016年1月23日
監督  ロバート・ゼメキス
原作  フィリップ・プティ
脚本  ロバート・ゼメキス クリストファー・ブラウン
撮影  ダリウス・ウォルスキー
音楽  アラン・シルヴェストリ
出演  ジョセフ・ゴードン=レヴィット ベン・キングズレー
シャルロット・ルボン ジェームズ・バッジ・デール
クレマン・シボニー セザール・ドンボイ

 

ザ・ウォーク prime video

1974年にワールド・トレード・センターで、2棟の屋上に張ったワイヤーの綱渡りに挑戦した、大道芸人フィリップ・プティの著書を実写化した実録ドラマ。

わたしは(節約の為)2年に一回くらいしか3Dで映画を観ないのですが、3Dで観ました。
もうまるで自分が綱渡りしているかのような気分で、手に汗びっしょり。足がすくんで、もう嫌になるくらいドキドキしました。
地上110回の高さで命綱付けないなんて、高所恐怖症の私からしたらどういう神経してるのかと思いますが、本当にすごいですね。
公開から日にちが経ってましたが、3Dの大画面で観れて良かったです!

映画は2時間。プティが成長する過程や、違法な綱渡りを決行するための準備なども描かれています。綱渡りのシーンはもちろんですが、他の部分も映像がきれいでした。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい