「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★★☆
原題  TRUMBO
製作年 2015年
製作国 アメリカ
時間  124分
公開日 2016年7月22日
監督  ジェイ・ローチ
原作  ブルース・クック
脚本  ジョン・マクナマラ
出演  ブライアン・クランストン
    ダイアン・レイン ヘレン・ミレン
    ルイス・C・K
    デヴィッド・ジェームズ・エリオット
    エル・ファニング ジョン・グッドマン
    マイケル・スタールバーグ

    アラン・テュディック

 

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
セオドア・シャピロ
Rambling RECORDS
2016-07-06

 

 

 

数々の傑作を手がけた脚本家、ダルトン・トランボの伝記映画。
東西冷戦下、赤狩りにあって名前を変えながら活動した実話を描いています。

「ローマの休日」「ジョニーは戦場へ行った」「スパルタカス」など名作を生み出してきたトランボ。
称賛されるべき人物がこれだけ差別を受けて、戦い続けていたなんて。ハリウッドの赤狩りは知っていましたが、トランボがこのような半生を送っていたことは初めて知りました。
共産主義だから迫害されるなんてひどい話ですが、負けてないのがすごいです。
偏見に満ちた人や正義感のある人が実名で出てくるのも興味深いですね。ジョン・ウェインやカーク・ダグラスのイメージも変わりました。(カーク・ダグラスかっこいい!)

一見地味ではありますが、決して暗くはなく面白かったですよ。セリフも洒落が効いてるし、全員演技が素晴らしくて。これは力作だと思いました。
こういう映画をハリウッドが自ら製作することにも意味がありますよね。
映画好きな方は観た方がいい作品だと思います。

 


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい