「ワールド・ウォーZ」感想

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

★★★☆
作品名 ワールド・ウォーZ
カナ  ワールドウォーゼット
原題  WORLD WAR Z
製作年 2013年
製作国 アメリカ
時間  116分
公開日 2013年8月10日
監督  マーク・フォースター
原作  マックス・ブルックス
出演  ブラッド・ピット ミレイユ・イーノス
ジェームズ・バッジ・デール ダニエラ・ケルテス
マシュー・フォックス デヴィッド・モース
ファナ・モコエナ アビゲイル・ハーグローヴ
スターリング・ジェリンズ ルディー・ボーケン
ファブリツィオ・ザッカリー・グイド

 

ワールド・ウォーZ Amazon

マックス・ブルックスのベストセラー小説を実写化。未知のウイルスで凶暴なゾンビ化する人々と、それを食い止めようとする元国連捜査官を描く大作ゾンビ映画。

ゾンビ映画はこれまでにもたくさん観ましたが、その中でもすさまじい迫力あるゾンビ映画でした。動きが早くて凶暴で敏感で数も圧倒的!
もともとは人間だというのに、ゾンビがまるで大きな虫か何かの集団みたいになってる姿はおぞましかったですね。それでも気持ち悪くて観れない場面とかはなかったのが個人的には助かりました。
ぞっとするようなシーンが多くても全体の映像はきれいで、大作らしく見応えがあったと思います。
ストーリーに関してはブラピの良さを出すならもう少しドラマ性が欲しかった気がしますが、パニック映画としては十分楽しめました。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

あわせて読みたい