★★★★
原題  PASSENGERS
製作年 2016年
製作国 アメリカ
時間  116分
公開日 2017年3月24日
監督  モルテン・ティルドゥム
脚本  ジョン・スペイツ
出演  ジェニファー・ローレンス
クリス・プラット マイケル・シーン
ローレンス・フィッシュバーン

地球から他の星へ向かう豪華宇宙船に乗る5000人の乗客。到着までの120年間冬眠する予定が、90年も早く目覚めてしまった人を描きます。

凡作の予感がしていましたが、思っていたよりも引き込まれるストーリーで、美しい映像とラブストーリーが素敵でした。主演の2人が華があるので、他にほぼ登場人物がいなくても観飽きることがなかったですね。
宇宙にたった一人の絶望的な状態。自分ならどうするだろうと考えるとぞっとします。人によって全然違うのでしょうから興味深いです。

設定自体はわりと現実的な近未来の話なだけに、つっ込みどころも多いのですが、理論的なことを考えてもしょうがないです。もしこんな未来があるとしたら・・・想像するのは観終わってからも楽しかったです。


ブログランキングに参加しています
ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。→にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket