本「劇場」感想

「劇場」 又吉 直樹 (著) 2017/5/11 演劇の世界に生きる青年と、彼を支える恋人との恋愛小説です。 昨年「火花」を読んで、1年ぶりに新作読みました。「火花」の主人公は芸人さんでしたが、今度は演劇の脚本を書く人。…

続きを読む →

本「神曲 地獄篇」感想

神曲 地獄篇 (河出文庫 タ 2-1) [文庫] ダンテ 河出書房新社 2008-11-20 1300年春、35歳のダンテ・アリギエーリが生きたまま地獄・煉獄・天国を巡る。 世界文学の最高傑作といわれる神曲の第1部地獄篇…

続きを読む →

本「羊と鋼の森」感想

羊と鋼の森 [単行本] 宮下 奈都 文藝春秋 2015-09-11 ピアノの調律師に憧れた少年が、勉強してプロの調律師となっていく成長の物語です。 先月発表された、今年の本屋大賞受賞作。 まず文章がとても美しくて、音楽を…

続きを読む →

本「火花」感想

火花 (文春文庫) [文庫] 又吉 直樹 文藝春秋 2017-02-10 話題になった頃に図書館で予約して、忘れた頃に順番が回ってきました。順番待ち2000人くらいだったと思います。長く待った割には、読むのに2時間半くら…

続きを読む →

本「ふたつの島」感想

  ふたつの島 [単行本] イエルク・シュタイナー ほるぷ出版 1982-10 前記事に続いてシュタイナーの本、3冊目です。 ふたつの島があり、人々はそれぞれ違った生活をしています。 大きい島には金持ちと貧乏人…

続きを読む →