カテゴリー: 読書本

「蜜蜂と遠雷」読書感想

「蜜蜂と遠雷」 恩田 陸 (著) ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞ダブル...

本「14歳、明日の時間割」読書感想

  「14歳、明日の時間割」 少し前に「さよなら、田中さん」を読んで面白かったので、鈴木るりかさんの著書をまた読んでみました。 前作と同じような構成で...

本「かがみの孤城」感想

本「かがみの孤城」感想 かがみの孤城 単行本 – 2017/5/11 辻村 深月 (著) 不登校になり部屋で閉じこもっていた少女の部屋の鏡が、ある日突然不思議な...

本「さよなら、田中さん」感想

さよなら、田中さん 鈴木 るりか (著)2017/10/16 14歳の女の子が書いた話題の小説を読んでみました。 読んでみて本当にびっくりです。本当に本当に中学...

本「オリジン」感想

   オリジン 上・下 ダン・ブラウン(著) 越前 敏弥 (翻訳)amazon 『ダ・ヴィンチ・コード』のダン・ブラウンの1年前に出た最新作を読みました。今回は...

「旅猫リポート」感想

★★★★ 有川浩のベストセラー小説の映画化。愛猫の新しい飼い主を探すため、旧友の元を訪れる青年と猫の旅を描いたドラマ。 原作の方は何年か前に読みましたが、その時...

本「ハリー・ポッターと呪いの子」感想

『ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年後の8番目の物語。
文章は舞台用の脚本形式になっています。主人公はハリーの次男。

小説ではないので最初は名前と会話の応酬にちょっと読みずらさを

本「劇場」感想

「劇場」 又吉 直樹 (著) 2017/5/11 演劇の世界に生きる青年と、彼を支える恋人との恋愛小説です。 昨年「火花」を読んで、1年ぶりに新作読みました。「...